アマチュア無線

買い取りしたJRCのNRD-545

スタンダード、マランツのトランシーバー

後にヤエスに吸収されますが、ここでは別に分類してあります。
C601,C701についてはスタンダードのC601,C701はハンディ機のイッピン | 掘り出し物は即刻確保すべしに詳細を述べてあります。

C501

C501

C601

C601

C601は、日本マランツから販売された430/1200MHz帯ダブルバンドFMトランシーバです。
シリーズに144/430MHz帯のC501,144/430/1200MHz帯のC701があります。
日本マランツはスタンダ-ド通信工業 として1946年に創業。
後に スタンダ-ド工業 → 日本マランツを経て1998年に通信機事業部が八重洲無線に売却されました。
前身はポータブルラジオやテープレコーダーなどを製造販売していた「スタンダード工業」。

超小型トランジスタラジオ「マイクロニック・ルビー」シリーズに代表される小型化において設計開発力・実装技術を発揮していた。
その技術はC501シリーズにも受け継がれておりました。小型軽量のトランシーバで、重量はわずか160g。

出力は430MHz帯で280mW1200MHz帯で100mWと控えめですが、キャンプ場やイベント会場での連絡用としては必要にして十分であり、的を得ていたと思われます。
特に430/1200MHz帯においてはレピーターもありますので、十分実用になりました。

このシリーズのトランシーバーは小型で電源の心配が少ない点も含めて、マイクロ波のトランスバーターの親機としては最適でした。
市販の単三タイプ電池2本で運用可能なことで、仮に電池切れになってもコンビニを始め簡単に手に入ります。

 定格
一般仕様
電波形式:F3E
マイクロホン入力インピーダンス:2KΩ
スピーカーインピーダンス:8Ω

動作電圧範囲:2.2~3.5V
消費電流:送信時:約280mA(430MHz帯)約220mA(1200MHz帯), 受信時待ち受け時:38mA(430MHz帯)40mA(1200MHz帯)

本体寸法:(W)64mm×(H)29mm×(D)29mm(突起物含む最大寸法)
本体重量:約160g(電池・アンテナを含む)

受信部
受信周波数範囲:430.000~439.995MHz,1260.00MHz~1299.99MHz
中間周波数:1st:58.05MHz, 2nd:450KHz
受信感度:430MHz帯 -10dBμ(-16dBμ:JAIA測定法)
:1200MHz帯 -8dBμ(-14dBμ:JAIA測定法)
入力0.5μV時のS/N:30dB以上
低周波出力:約100mW(10%歪時)

送信部
送信周波数範囲: 430.000~439.995MHz,1260.00~1299.99MHz
送信出力:約280/100mW(電池3V時)
変調方式:リアクタンス変調
最大周波数偏移:±5KHz
スプリアス発射強度:430MHz帯 -40dB以
:1200MHz帯 -30dB以下

C4800

C4800

定格
一般定格
送受信周波数  430.00000~439.99990MHz
電波型式  FM(F3)SSB(A3J)CW(A1)
周波数安定度  電源ON1分後より60分まで±1.0KHz,その後30分当たり300Hz

電源電圧  DC13.8V
消費電流  送信時 3.8A LOW 1.5A
待受け受信時 0.6A

マイク入力インピーダンス  600Ω
空中線インピーダンス  50Ω
低周波出力インピーダンス 8Ωまたは4Ω

送信
送信出力  10W/1W
変調方式  FMリアクタンス変調
SSB平衡変調
スプリアス比  60dB
不要側波帯抑圧比  40dB
最大周波数偏移(FM)  ±5KHz

受信
受信方式  FM トリプルスーパーヘテロダイン
SSB.CW ダブルスーパーヘテロダイン
中間周波数  FM 1stIF 63.8MH
2ndIF 10.7MHz
3rdIF 455KH
SSB.CW 1stIF 63.8MH
 2ndIF 10.7MHz
受信感度  FM 12dB SINAD -10dB
SSB.CW 10dBS/N -14dB
通過帯域幅 FM ±6KHz SSB.CW 2.2KHz
選択度   FM 25KHz  SSB.CW 4.2KHz
スケルチ感度  -16dB(FM)
低周波出力  2.0W以上(10%歪率8Ω負荷)

C7900

C7900

C7900は1982年に日本マランツから発売になりました。
430MHz帯のモービル用のFMトランシーバーです。
他社のモービル用のFMトランシーバーと比較しても、その大きさ特に厚みは驚異的で、他社の同型機が50mm以上ありましたので、いかに薄かったか。

同社の小型化技術は、卓越したものがあり、同社のハンディ機C501,C601,C701にその技術はいかんなく活かされております。
C7900は同年にグッドデザイン賞を受賞しております。

その他のメーカーのトランシーバー

JST-245

JST-245

JST-245は現在のメインのHFトランシーバーでトリオのTS-520からJRCのJST-245にメインの無線機を変更に詳細を述べてあります。
またスプリアス、IMD特性については日本無線(JRC)のJST-245のスプリアス、IMD特性を確認に詳しく述べてあります。

F-850

F-850

F-850は1979年に杉山電機製作所から発売になりました。
3.5~144MHzのトランシ-バ-で  SSB/CW/AM/FM 10W 196,000
当時としては他社に先駆けてHFのトランシーバーに50MHzと144MHzを加えました。

杉山電機製作所は純粋に無線機のメーカーではなく、杉山電機システム株式会社の前身で工業分野の会社です。
杉山電機製作所という名前の会社も存在しますが、全く関係はありません。

多くの無線機製造会社がしのぎを削っていた1970年代後半に、杉山電機製作所は独自のノウハウを取り入れた当時としては画期的なF-850を発表しました。
今では当たり前となったVHFを組み込んだり、CATV -AMP用のトランジスター2SC1426をRFトップに採用し、ハイレベルDBMと相まってインターセプトポイント+28dBm、ダイナミックレンジ100dBを実現。

時代を少し先取りし過ぎたようで、残念ながら一部のマニアには好評でしたが一般受けはしなかったようです。
F-850のみで他の機種を開発、販売する事なく無線機の製造から撤退してしまいました。
発売台数も少なかった事もあって、知る人ぞしる希少機として扱われています。

珍しい異業種の杉山電機製作所の発売したF-850その他を持ち込み買取