アマチュア無線

買い取りしたJRCのNRD-545

アイコムのトランシーバー

IC-120

IC-120

アイコムのIC-120は国産初のマイコン制御のPLLを搭載した1200MHz帯トランシーバーです。
1983年にアイコムから発売になり定価は89,800円でした。
翌年にトリオがTR-50を発売しました。
1200MHz帯のトランシーバーとしてはメジャーではありませんが、すでに1978年に三協特殊無線からKF-1200が出ております。
定価はIC-120とほとんど変わらず89,500円でした。
詳細はわかりませんが、水晶発振式のトランシーバーと思います。

アイコムの IC-120は1200MHz帯のトランシーバーとしては国産初のマイコン制御のPLLを搭載して、1260MHzから1300MHzまでの40MHzをフルカバーし、レピーターにも対応しています。
当時私はマイクロウェーブに熱中しており、1200MHzのトランスバーターを作っておりました。
トランシーバーはとても自作できませんので、IC-120は発売になって間もなく購入しました。
アイコムの無線機を購入したのは1968年に発売になったFDAM-3以来久しぶりです。

IC-120は今でも時々レピーターで使っておりますが十分実用になります。
終段のトランジスターはパーソナル無線用に開発された三菱電機の2SC2392でドライバー段がNECの2SC2558を使用しています。
2SC2558は安価に入手できましたので、トランスバーターでもよく使っておりました。

この頃は日本のメーカーも各社が無線機用の半導体を製造しておりました。
終段の2SC2392は意外にもベース接地で使用しています。
データシートを見ると推奨回路はやはりベース接地でした。
ベース接地回路は高周波特性が優れております。
今や終段はすべてモジュールになっており、隔世の感があります。

他のパーツ類もチップ部品ではなく、一回り大きなパーツを使用しています。
IC-120はアンテナ切り替えスィツチにモジュールを使用しています。
この辺がさすがにメーカーです。
まだこの頃はアマチュアには簡単にはアンテナ切り替えスィツチ用モジュールは手に入りませんので、自作のトランスバーターには高価な同軸リレーを使っておりました。
また3つのVCOを使用して40MHzをフルカバーはとても手が出ません。

レピーターの10Wから1Wへの減力や相次ぐメーカーの1200MHzからの撤退と寂しい限りの1200MHz帯ですが、マイクロウェーブの愛好家にとっては1200MHzの無線機はトランスバーターの親機としては貴重です。

私の知る限りでは現在販売されている1200MHz帯の無線機はアルインコのトリプルバンダー144/430/1200MHz FM トランシーバーDJ-G7と固定機のケンウッドTS-2000、アイコムIC-9100しかないようです。

IC-250

IC-250

IC-250は1976年に井上電機製作所から発売になった 144MHz 帯のFMトランシ-バ-で発売価格は57,500円でした。
局発は水晶式ではなくデジタルPLL回路を使用しております。
チャンネルの増設はダイオードマトリクスでプログラムを組みますので、高価な水晶発振子が不要です。

メインチャンネルが144.48MHzから145MHzに移行されております。
送信出力はHIGHで10W,LOWで1Wの2段切り替え。

IC-270

IC-270

1978年に井上電機製作所からアイコムに社名を変更しました。
IC-270は社名変更早々に発売された144MHz帯FMのトランシーバーです
定価は68,500円でした。
姉妹機に430MHz帯のC-370があります。

アイコムお得意のVHFモービル機で、マイコンを本格的に採用し、終段にも三菱のパワーモジュールを採用しています。
アマチュア用無線機にパワーモジュールが使われたのは、これが最初です。

IC-275

IC-2758

IC-275はアイコムの144MHz帯のオールモード機

当時のVHF用のトランジスターはゲインが稼げず、パワートランジスターを前々段、ドライバー段、終段に使用した極めて効率の悪いものでしたが、パワーモジュールの登場によりこの問題が解決され、以後V/UHFの無線機に採用されていくことになります。

IC-502

IC-502

IC-502 井上電機製作所 トランシ-バ- 50MHz SSB/CW 3W 44,800
アイコムがまだ井上電機製作所だった1975年に発売した50MHzのSSB/CWハンディ機です。
シリーズとして144MHzのIC-202が同年に430MHzのIC-302が1978年に発売されました。
ホイップアンテナをそのまま伸ばして運用することが可能です。
現在のハンディ機等から比べたらとてつもなくサイズは大きく、単二電池9本を内蔵します。

周波数構成は13.997MHzでSSBを作り出し、36MHzのVFOとミックスして50MHzの信号に変換しています。
送受信周波数範囲は50.000-51.000MHzと、1MHzの幅があります。
AMが出せるのならまだしも、CW/SSBなので周波数の可変範囲はもう少し狭くて良かったように思います。

VFOツマミは2段の減速機能があり、減速比6:1で回転させた後に逆方向に回すと3/4回転だけ減速比36:1で回転します。
SSB(USB)の他にCWも出せますが、パネルのCW-TのスイッチをONしてキーイングします。ただし、サイドトーンは出ません。
CWは、SSBの発振13.997MHzにコンデンサを追加し、周波数を約800Hzシフトしています。

IC-551

IC-551

IC-551は1978年にアイコムから発売になった50MHz帯のオールモードトランシーバーで、89,800円IC-551Dは135,000円
50MHz帯のオールモード機にはトリオのTS-600、ヤエスのFT-625Dがありましたが、IC-551は標準モードがSSB/CW/AMで、FMをオプションによって9万円を切る価格を実現しております。

当時としては小型のオールモード機で、AC電源も内臓しておりますが、スィッチング電源の採用で小型化は実現しましたが、ノイズ等で内臓電源に関してはあまり評判はよくありません。
A,B二つのVFOを内蔵した事により、外部VFO無しでタスキがけ運用がかのうになりました。
多彩なスキャン機能があります。

IC-706

IC-706

アイコムのIC-706は1995年に発売された、小型でセパレート運用が可能な1.9~144MHzまでをカバーしたオールモード機です。
発売時には世界最小サイズをうたっておりました。
セパレートタイプにし、50MHzと144MHzを加えた事により、よりモービル運用向きの無線機になっております。

一昔前のTS-130等のHFのみの無線機と比べるとVHFが加わっても随分と小さくなりました。現在では各社ともHF/50/144/430MHzオールモードが当たり前になっております。

IC-706には3種類あります

IC-706(無印)は1995年8月発表 
IC-706はHF帯:100W、50MHz帯::50W、144MHz帯:10W(以上SSB)
IC-706Sは各バンドSSBは10Wモデルになります。

IC-706MK2 は1997年4月に発表 されました。
IC-706(無印)からVHF帯の感度向上、バンドスイッチを加える等の操作性の向上。 
フィルター特性の見直しと内臓スピーカーを大口径 に変更して音質の改善。
オプションフィルター2本の収納スペース確保。
VHF帯の送信出力を50MHzが50W→100W、144MHzが10W→20Wとパワーアップ。 
等の改良が行われております。

さらに1998年8月には IC-706MK2Gが発表されました。
主な改良点はV.UHFの強化で、430MHz帯が追加され、144MHz帯は50Wになりました。

このように年を追ってIC-706シリーズは進化しております。

IC-731

IC-731

IC-731に関してはカンガルーポケットがユニークなアイコムのIC-731に詳細巣をのべてあります。

IC-731は1985年にアイコムから発売になったHFのトランシーバーです。
当時としては241X239X94mmのコンパクトボディに1.9~28MHzのすべてのハムバンドをカバーし、カンガルーポケットがユニークでした。

特徴
受信部は100KHz~30MHzをカバーしており、ハムバンド以外は自動的に送信ができません。
AM/LSB/USB/CW/FM/RTTYのオールモード対応。
1stIF回路は70MHz帯のクリスタルフィルターを2エレメント使用。
デジタルVFOながらアナログ感覚のタッチで10Hzのチューニングステップ。
HFトランシーバーでは最初の液晶表示パネルの採用。

定格
一般仕様
受信 0.1~30MHz
送信 1.9075~29.7MHzのハムバンド
電波型式 A3J(USB,LSB)A1(CW)A3(AM)F(RTTY)F3(FM)
周波数ステップ 10Hz,1KHz,1MHz,HAM BANDステップ
電源電圧 DC13.8V ±15%
消費電流 受信無信号時 1.2A 送信最大出力時 20A

送信部
送信出力 SSB,CW 10~100W連続可変但し28MHz帯は50W
変調方式 SSB 平衡変調 AM 低電力変調 FM リアクタンス変調
FM最大周波数偏移 ±5KHz
スプリアス発射強度 -50dB以下
搬送波抑圧比 40dB以上
不要側波帯抑圧比 50dB以上
マイクロフォンインピーダンス 600Ω

受信部
受信方式 トリプルスーパーヘテロダイン
中間周波数 第1 SSB/AM/FM 70.4515MHz CW 70.4506MHz 第2 SSB/AM/FM 9.0115MHz CW 9.0106MHz
受信感度 SSB/CW 0.1~1.6MHz 10dB S/N 0dBμ以下 1.6~30MHz 10dB S/N -16dBμ以下
AM 0.1~1.6MHz 10dB S/N -16dBμ以下 1.6~30MHz 10dB S/N 0dBμ以
FM 1.6~30MHz 12dB SINAD -6dBμ以下

FMスケルチ感度 1.6~30MHz -10dBμ以下
スプリアス妨害比 イメージ比 80dB以上 中間周波妨害比 70dB以上
選択度 SSB/CW 2.3KHz(6dB)以上、4KHz(60dB)以下
 AM 6.0KHz(6dB)以上、18.0KHz(50dB)以下
FM 15KHz(6dB)以上、30KHz(60dB)以下

低周波出力 3W以上8Ω負荷10%歪時
RIT可変範囲 ±0.8KHz
ノッチフィルター減衰量 30dB以上

IC-721

IC-721

IC-756PRO

IC-756PROは1999年にアイコムから発売になりました。
高い送信S/N、低ひずみの送信音質、高シェープファクターのデジタルIFフィルターなどのデジタル機能を実感できる32ビット浮動小数DSP、24ビットAD・DAコンバーターを採用したうえに、5インチTFTカラーLCDモニターにスペクトラムスコープなどの各種情報を集中表示した、高機能HF/50MHz帯オールバンドトランシーバーです。

IC-756PRO

IC-911D

IC-911D

今回の入荷品はEME仕様です。

局発は従来の機種はバンドごとに水晶発振を採用していましたがTS-830はPLL回路でそれぞれのバンドの周波数を作り出しています。
このようなことから当時としては究極のトランシーバーと言っても良いと思います。